健康を表すサイン?おりものって何?

変化するおりものの量や臭いを気にする人は多いもの。「量が増えて不快」「最近臭いがきつい気がする」等、人には言えない悩みで間違ったケアをしていませんか?しかし、おりものは悪者ではなく、健康のバロメーターとしても機能してくれています。正しいケアのしかたを覚えましょう。

おりものとは

「おりもの」は、帯下(たいげ)とも呼ばれ、子宮、膣、汗腺からの分泌物が混じりあった粘性のある液体です。

おりものには大きく分けて2つの役割があります。

  • 膣内を清潔に保つ自浄作用
  • 受精を助ける作用

膣は性交で使用するために外部と繋がっており、体にとっては感染症の危険が高い場所です。そのため、膣の中にはデーデルライン桿菌という乳酸菌の仲間の菌がいて、膣内を弱酸性に保ち悪い菌が繁殖できないようにして膣内を清潔に保ち、女性の体を感染症から守る働きをしています。おりものがちょっと酸っぱい臭いがするのはこの良い菌がきちんと働いているためであり、正常な状態です。

また、生理周期が排卵の前に差しかかると、ホルモンの作用によりおりものの量が増え透明で粘性の強い性状に変わります。これにより、射精があった際、精子が子宮内や卵管に到達するのを助けています。このように、ホルモンの影響によりおりものの量や性状が異なりますので、日によっておりものが変化するのは自然なことなのです。

おりものの正常な変化

おりものはホルモンの変化に伴って量や性状が変化します。ここで、生理周期に伴うおりものの変化についてまとめていきます。

月経直後のおりもの

一般的に月経中から月経直後はさらっとして粘り気がなく、量も少なめです。

排卵前のおりもの

この時期、卵を成熟させ排卵を促すために働いているのが卵胞ホルモンです。卵胞ホルモンが増加するに従い、女性側の妊娠の準備が整い、同時に精子の受け入れをスムーズにするためにおりものの量も徐々に増えていきます。子宮頚管からの分泌液が増えて、排卵期にちょうどおりもの量のピークを迎え、性状も卵の白身のように糸を引く、透明で粘りのある液体に変わります。

月経周期が順調な方だと、生理予定日の約14日前が排卵になりますので、その辺りがおりものの量もピークを迎えます。

排卵後のおりもの

排卵期を過ぎると体の中では妊娠を継続するための黄体ホルモンの量が増えます。それに伴い、おりものの量は再び減り始め、次第に白っぽい濁った色になります。下着に付くと黄色っぽく見えたり、乾くとぽろぽろとしたように感じたりすることもあります。

月経直前のおりもの

排卵期ほどではありませんが、月経直前に再びおりものの量が少し増えることが多いです。性状は白濁していて、少し臭いがきつくなります。月経の数日前からは、少量の血液が混ざることもあります。

妊娠中のおりもの

女性ホルモンの関わりが深いので、女性ホルモンの分泌量が増える妊娠中には量が増えます

更年期以降のおりもの

逆に、更年期~老年期には女性ホルモンの分泌が減少しますので、それにしたがっておりものの量もだんだん減少します。膣内の浄化作用も低下する事になりますので、雑菌による炎症が起きやすい時期です。

おりものとの付き合い方

膣を洗いすぎない

おりものの酸っぱい臭いを気にして膣周辺を洗いすぎてしまう方、産み分けのために膣内をアルカリ性に保つ等の噂を信じて性交前に念入りに膣を洗浄する方がいます。前述したとおり、膣は乳酸菌の仲間の良い菌の働きにより清潔を保ち、感染症にかかりにくくなっています。

また、おりものには受精を助ける働きがありますので妊娠を希望されている方には逆効果とも言えます。清潔を保つことは重要ですが、自浄作用まで打ち消す程洗う必要はありません

おりものシート、タンポン、ナプキンはまめに交換する

清潔を保つためにおりものシートを使用している方がいる方もいますが、付けっぱなしにしては下着の清潔が保たれているだけで、膣周辺の清潔が保たれていません。おりものシートやタンポンの長時間の使用は、ムレや菌の繁殖を引き起こし、感染症や臭いの原因になります。

自分の日頃のおりものの変化について知る

月経と一緒で量の増加にも質の変化にも個人差があり、なかなか人とは比べられません。自分はどのくらいの時期にどのように変化するか知ることで、異常時には感染症に早めに気付けるなどのメリットがあります。

また、感染症の可能性がある時、妊娠の可能性がある時などふとした瞬間に、おりものが異常なのではないかと急に気になってくるものです。おりものについて悩んでいる方の多くが、これまでの様子が分からず気にしすぎの場合が多いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性ホルモンの変化によって変わるのは月経だけではありません。おりものも女性の体を守り、妊娠等に繋がる大切な役割を果たしています。是非この機会に、おりものを通して自分の体と向き合ってみませんか。

参照元
厚労省|感染症情報|性感染症
財団法人性の健康医学財団|性感染症 予防啓発マニュアル
東京都福祉保健局|性感染症ってどんな病気

出典:いしゃまち
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
元の記事を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加