コラム

早産や低出生体重児への対策

日本では妊娠22週0日~36週6日までの分娩を「早産」といいます。早産とは、胎児の発育がまだ不十分であるにも関わらず、早期に陣痛や子宮頸管熟化(頸管の軟化や開大)、破水が生じることによって、予定日よりも早く生まれてしまうことをいいます。早産児は死亡率も高く、救命されても後遺症や合併症を引き起こす可能性… 続きを読む